ポメラニアン 性格


缶詰やおやつしか食べないワンちゃんにこそ、試してほしい。


イギリス最高級のグレインフリードッグフード


公式サイトは以下の画像をクリック!


ポメラニアンの性格は?

ポメラニアンは、警戒心が高く、
何事に対しても勇敢に立ち向かっていく強い性格の持ち主です。

 

 

わがままな面もありますが、
協調性があり、社交的な性格も兼ね備えています。

 

恐いもの知らずな性格なので、
大きな犬や車、バイクなど、ワンワン吠えて立ち向かっていきます。

 

 

私も、男の子と女の子のポメラニアンを1匹ずつ飼っているのですが、
散歩中に通り過ぎる人や車、バイクなどに向かって吠えたり、
追いかけていこうとしたりします。

 

あるとき、散歩中に野良犬と遭遇したことがありました。

 

すると、思い切り走り出したため、リードが外れ、
その野良犬の周りをウロウロしだし、
最終的に足を噛まれたことがありました。

 

何も考えず突っ走っていく性格なんだな…と、
改めて実感した瞬間でした。

 

 

ポメラニアンは、超プラス思考の性格なので、
少し怒られたぐらいではへこたれません。

 

怒られちゃった…。まあいっか!」という感じです。

 

すぐに気持ちをリセットできる、持ち前のポジティブさは
人間も見習いたい部分ですね。

 

私が飼っているポメラニアン2匹は、怒られた時の態度が全く違います。

 

女の子の方は、怒るとお腹を見せ、耳を顔にぺったりとつけ、
「ごめんなさい。もうしませ〜ん。」という感じなのですが
男の子の方は、「怒るのか!このやろう!」という感じで、
「う〜〜〜っ」とうなっています。

 

逆にこちらが怒られているような感じですね。

 

これは、本当にポメラニアンの性格の違いが出ていると思います。

 

 

うちの女の子の方は、温厚で優しい、人懐っこいなど、
可愛い面がたくさんありますが、
男の子の方は、自由奔放、一人が好き、でもたまに甘えたい…という
まるで人間の子供と同じような性格ですね。

 

 

しかし、勇敢、ポジティブ、警戒心が強いというだけが
ポメラニアンの性格ではありません。

 

ポメラニアンはとても学習能力が高く、人の指示にしっかりと従うことができます

 

これは、ポメラニアンの祖先は
寒冷地でソリを引いていた血統だからと言われています。

 

ソリを引くためには、人間の指示が必要ですからね。
そのため、芸を教えるとすぐにできるようになりますよ。

 

うちのポメラニアンも、おすわり・お手・ふせ・
バ〜ン(鉄砲で撃つ真似をすると仰向けになる)・
マル(手で○を作るとその中に顔を入れる)など、
たくさんの芸を3日ぐらいで覚えました。

 

 

ポメラニアンは全体的にとても優しく、
感受性も豊かで、協調性のある犬と言われています。

 

ですから、初めて犬を飼う人にもオススメですよ。

ポメラニアンのしつけのポイント

ポメラニアンだけでなく、犬を家庭で飼うときは
しっかりとしつけをしなければいけません。

 

今回は、ポメラニアンの「かじる癖」のしつけのコツを
ご紹介したいと思います。

 

かじる癖を直すには、
噛んで良いものを与えて、それを噛んだら褒める」を
繰り返すことです。

 

 

ワンちゃんが噛んではいけないものを噛んでいた時、
「こらっ!!」と怒りがちですが、怒るのではなく、
ダメだよと言いながら、噛んでよいものを与えてください。

 

そして、それを噛み始めたらたくさん褒めてください。

 

ワンちゃんにとって、
家にあるものすべてが「おもちゃ」であるということを
覚えておきましょう。

 

特に子犬の時は、何でもかじりたがります。

 

 

うちで飼っているポメラニアンが子犬のとき、
私は中学生でした。

 

勉強机や筆箱の中からいつも「消しゴム」をとっては、
隠れてかじっているんです。

 

毎回かじられては、買いなおしていたので、
中学時代は、新品の消しゴムばかり使っていた記憶があります。

 

ですが、根気強くしつけを続けていたら、
消しゴムを前にしても噛まなくなりました。

 

 

無駄吠えや噛み癖、威嚇、掘る、ひっかくなどは、
ワンちゃんにとって、自然の行動です。

 

ですから早めになおさないと、
これらは一生続いてしまうのです。

 

根気強く、しつけをしていきましょう。

 

 

⇒ドライフードを食べないワンちゃんの飼い主がカナガンドッグフードを試してみた!